Pirate Diving Service CLUB PAREO TOP
TOPへ戻る ポンペイのダイビング おすすめプラン・料金 宿泊のご案内 ご予約・お問合せ 現地情報・お気に入りリンク
Pohnpei Diving / ポンペイの海 / ダイビングポイント / ダイビングスタイル / ショップ紹介

ポンペイの周囲は殆どがマングローブ林に覆われている海岸線が特徴です。
マングローブの間を水流が交差しながら豊富な栄養をラグーンへ運んでいくことにより、
ラグーン内は幼魚や小魚の絶好の住み家となっています。
ラグーンと外洋を結ぶパス(チャネル)周辺では、バラエティに富んだ魚種・魚影が見られます。
海中は自然本来の姿に限りなく近く、近年はダイバーも殆ど入っていなかったため
『手つかずの海』とも言える環境なのです。

色とりどりのソフトコーラル、ハードコーラルに群れるリーフフィッシュや
ドロップオフではバラクーダやギンガメアジの群れなどに高確率で出会えます。
またポンペイは、ブラックマンタに出会える世界でも有数の場所なのです。

ポンペイ本島でのダイビングは『ボートダイビング』が主流となります。
ポイントのほとんどがサンゴ礁の切れ目になった水路(チャネル)にあり、
ドリフトダイビングが中心となります。シーズンは通年で、
11月~4月はマンタ、5月~9月は回遊魚のシーズンと言われています。

このほかに、外洋の離島でもダイビングが楽しめ、
本島からボートで約1時間のところにあるアンツ環礁、パキン環礁は、
透明度も抜群に高く、見事なサンゴ群が見どころのダイビングポイントです。

またリーフの内側には、白砂のビーチが広がる小さな無人島が点在しており、
ランチタイムに上陸して南国のリゾート気分が満喫できるという楽しみもあります。
ただし10月から4月ころまでは、北東の貿易風が吹くため、
外洋の環礁には出にくくなります。

自然の宝庫、神秘の島、ポンペイの海を私たちと一緒に探索してみませんか?

ダイビングツアー・料金についてはこちら / Price list
Copyright(C)Pacific Island Adventure Co.,Ltd. All rights reserved.