Pirate Diving Service CLUB PAREO TOP
TOPへ戻る ポンペイのダイビング おすすめプラン・料金 宿泊のご案内 ご予約・お問合せ 現地情報・お気に入りリンク
ポンペイの海 / ダイビングポイント / ダイビングスタイル / ショップ紹介
代表的なポンペイのダイビングポイントをご紹介します。(各ポイントのダイビングフラッグをクリックしてください)

南西方面ポイント
Palikir/パルキル
ポンペイのチャネルダイビングの中でもベストといわれるのポイント。外洋側から水深20m前後にエントリーすることが多く、
リーフを横切ることも。潮流の早いこともあり、中~上級者向けのポイントである。潮あたりのよいポイントで待っていると

バラクーダ、ギンガメアジ、メジロザメ、オオメカマスの群れなどが次々と現れる。リーフフィッシュも多彩なポイント。
Tauak/タワーク
ポンペイ島真西のチャネル。風の影響を受けにくく、年間を通して潜れることが多い。
棚の上のコーラルと、チャネルに廻ってくる回遊魚、シャークを狙える。
サザナミトサカハギ、オオメカマス、ナンヨウカイワリの群れの他、ウメイロモドキやアデヤッコなども常時楽しめるポイント。
Perleng/パーラン
潮流があると、外洋側に三角形に張り出したコーナーに回遊魚が群れる。Tauakより更に南側のチャネル。
比較的浅い水深からエントリーすることが多く、時期によってはツノダシの群れが発生することも。
ギンガメアジ、バラクーダ、ツムブリなど群れの遭遇率が高いポイント。
Kehpara/ケーパラ
島の南西側ポイント。季節風の影響を受けにくい。リーフの頂上で20m位。ドロップオフの底は60m超。
流れがあると、クマザサハナムロなどの群れが行き交い、賑やかになる。
ブラックチップシャークやマダラトビエイなども常時見ることができるポイント。
ROS/ロス
ポンペイ南部のマンタポイント。
マンタロードとの違いは、時折見せてくれる透明度の良い中でのホバリングシーンと外洋性の魚影が濃いところ。
グレイリーフシャークのファミリーに出会えることも。
▲ページトップ

北東方面ポイント
Mant/マント
北東側の開口の広いチャネル。ホワイトチップシャークやグレイリーフシャークが多く見られるポイント。
コンディションにより、広めのチャネルの外洋もしくはインリーフよりエントリーする。
ツインロックと呼ばれるリーフのチャネル底側を狙うことも。
 Manta road/マンタロード
名前通りマンタが見られるポイント。ブラックマンタが狙えるリーフ内の水路にはいくつかのマンタ待ちポイントがある。
マンタが体表やエラに付いた寄生虫などを小魚たちに掃除してもらうクリーニングステーションで待つスタイルだが、
多い時には一度に20匹ものマンタの乱舞を見ることができる。
透明度は落ちるが、リーフ内なので一年を通して潜ることができる。12月~3月に遭遇率が高い。
Aru/アルー
東側のチャネル。リーフの棚が広く、じっくりクマザサハナムロやウメイロなどが行き交う。
リーフの内側のドロップにはイソバナやウミウチワなどの大きな個体が見られる。
▲ページトップ

Ant Atoll/アンツ環礁
コロニアからボートで約90分ほどの、サンゴの群生が素晴らしいポイント。
バラクーダやギンガメアジの群れなど、魚影の濃さは圧巻。ポンペイ島では味わえない白砂のビーチが広がっており、
ピクニックやスノーケリングだけでも楽しめる。季節によっては風や波の状態次第で行けないことも。

Parkin Atoll/パキン環礁
コロニアからボートで約90分ほど。アンツ環礁と同様、行けるシーズンが限られるので、
荒らされていない手つかずの海が楽しめる。地形は複雑でダイナミック。透明度も高く、大物の遭遇率も高い。
▲ページトップ

Copyright(C)Pacific Island Adventure Co.,Ltd. All rights reserved.